安心・安全の足場工事、仮設工事なら、香川の【株式会社 三宅組】へご依頼下さい!
お客様満足度を重視した、クオリティの高い足場工事なら、当社に決まりです。

ホーム > 足場工事について

香川 三宅組の足場工事の特徴

  • 職人の足元を支える安定感

    どれほど腕の立つ職人でも、仕事の現場の足元がおぼつかなくては、良い仕事ができるはずがありません。私たちはお客様の大切なご依頼に万全の仕事で応えられるような、安定感のある足場づくりで職人の仕事を完全バックアップいたします。どのような種類の足場であっても、不要な揺れや振動を起こすことなく、最高の現場を提供します。

  • 万が一を回避する安全性

    足場は歩道の上に張り出したり、周辺の住宅などにも影響のあるものです。だからこそ万が一があってはならないもので、絶対的な安全性が求められます。

    足場上での移動の際に、具材が引っ掛かって落下したりなどといった万が一を回避する安全性を提供します。

  • 顧客満足度最優先

    利益だけを最優先してはお客様の満足度を犠牲にしてしまう可能性が出てきます。私たちは赤字覚悟などといったことは申しませんが、まずお客様の満足度を最優先で考えます。
    ご予算、ご要望などきちんと考慮に入れながら、どの施工方法が一番適しているのかの判断も長年の経験からしっかり提案いたします。

  • 徹底した施工管理

    施工に関わるのは一つの業者だけではなく、複数の業者が力を合わせて一つのものを作り上げる現場が多いものです。
    お任せいただいた仕事が無事に完了するまで、安全確保に留意しながら施工管理を進めてまいります。また、現場内だけではなく、周辺の住民の方などにも気を配りながら施工を進めてまいります。

  • 現場に合わせた最適工事

    枠組み足場・単管足場(一側足場、二側足場含む)・吊り足場など、足場の種類にもいろいろなものがあります。
    ご依頼いただいた現場をしっかりと調査して、最適な足場の施工を行います。足場を組むスペースが狭い場合でも、方法はいろいろとありますので、その部分でも経験がものを言ってくるのです。

  • Area

三宅組が行っている足場工事の種類

  • 枠組み足場

    やや高コストになる工法ですが、足場工事の中では最もオーソドックスな工法です。組立・解体が簡単で比較的工期の短縮が図れ、なおかつ強度が高くメリットが多い足場です。

    鋼管を門型に溶接した建枠にはめ込み、交差筋違い・鋼製布板などの部材を組み合わせて積み上げていきます。建枠に筋違い・布板の組み合わせが高い強度を生み出し、施工高さも地上45mまで可能な事から高層ビルやマンション建設などにも適用されます。

  • 単管足場

    (一側足場、二側足場含む)

    短い工期で部材も軽く低コストになり、狭い敷地でも設置可能で小規模な工事や幅が狭いビル間での作業現場の足場として用いられます。直径48.6mmの単管という鉄パイプを組み合わせて立てる工法です。

    2本の支柱の間に歩み板を並べたものが「二側足場」、1本の支柱にブラケットを出し、その上に歩み板を並べたのが「一側足場」です。

  • 吊り足場

    橋梁やプラントなどのように、下から足場を組み上げることが厳しい状況でも設置可能な足場です。

    特殊な現場で使用される工法で、上部から吊り下げて組み上げていきます。

    この工法は危険が伴う為、組立作業主任者を置く必要があります。

塗装工事について

  • 住宅の外壁の耐用年数は7~8年くらいからで、10年目が塗り替えの目安とされています。経年劣化によるひび割れ・汚れも目立つようになり、壁そのものの傷みが進んできます。

    当社は足場工事だけではなく塗装工事の受注も承っております。長年タッグを組んだグループ会社で万全な対応が可能ですのでお気軽にご相談下さい。

リフォームについて

新築で建てたお住まいでも、時が経つにつれてお子さまも大きくなりライフスタイルも様変わりしてきます。
キッチンをこうしたい、子どもも結婚したので子ども部屋を改装したい、ガレージを広くしたい、書斎が欲しいなどなど、いろいろなご要望が生まれてきます。当社にご相談いただければ、ご予算とご要望をしっかりとお聞きして、現地を調査した上で最適のプランとお見積りを提案させていただきます。